ここから本文です。

ページの表示・動作に不備のあるお客様へ

2018年3月1日(木)

ページが正しく表示されない、ページの動作がおかしいとおもわれるお客様は、
大変お手数ですが下記の手順にて操作をお願い致します。

※iPhone・iPadをお使いの方は、OSのバージョンが最新(iOSⅪ以上)でない場合、
下記操作を行っていただいても解消されない場合がございます。


1.ブラウザのキャッシュ削除を行う。

■Windowsでのブラウザの場合
・Ctrl+F5でリロード(再表示)をお願いします。

■Macでのブラウザの場合
・URL入力欄の右端にある「再読み込み」ボタンで更新をお願いします。

■iPhoneの場合
・「設定」>「Safari」>「履歴と Web サイトデータを消去」の順にタップします。

■Androidの場合
・「設定」>「ストレージ」>「システムメモリ(本体)」>「キャッシュデータ」の順にタップします。
(他アプリでのキャッシュもクリアされます)

※お客さまがご利用のOSのバージョンや機種により異なる場合があります。



2.プラウザのjavascriptを有効にする。

■Chromeの場合
 1. ツールバーの「Chromeメニュー」 →「設定」をクリックします。
 2.「設定」タブが表示されたら、「詳細設定を表示」をクリックします。
 3.「プライバシーとセキュリティ」セクションで「コンテンツの設定」をクリックします。
 4.「javascript」をクリックし「許可」をオンにします。

■IEの場合
 1. メニューバーの「ツール」(又は、右上の歯車)の「インターネットオプション」→「セキュリティ」→「レベルのカスタマイズ」をクリックします。
 2.スクリプトの下記項目を全て有効にするを選択します。
  ・Java アプレットのスクリプト「有効にする」を選択
  ・アクティブ スクリプト「有効にする」を選択
  ・スクリプトでのステータス バーの更新を許可する「有効にする」を選択

■safariの場合
 1. メニューバーの「Safari」の「環境設定」と選択し、「セキュリティ」をクリックします。
 2.「プラグインを有効にする」、「Java を有効にする」、「JavaScriptを有効にする」をオンにします。
 3.次のチェックボックスがオンになっていないことを確認してください。「ポップアップウィンドウをブロックする」。
 4.キーボード ショートカットCmd+R を押すか、URL 入力欄の右端にある「再読み込み」ボタンを使ってブラウザを更新します。

■Androidの場合
 1.ブラウザを起動し、「メニュー」を選択してください。
 2.「メニュー」内の「設定」を選択し、「高度な設定」を選択してください。
 3.「JavaScriptを有効」にチェックを入れてください。

■iPhoneの場合
 1.「設定」アイコンを選択してください。
 2.「Safari」を選択してください。
 3.「詳細」を選択し、「Javascript」の項目をオンにしてください。

※お客さまがご利用のOSのバージョンやブラウザ、機種により異なる場合があります。

  • ネットポイント
  • 今月のチラシ
  • あなたのやる気をお待ちしています アルバイト募集中!
  • アツアツのピザをお届け あつエコ宅配
  • 安心電話サービス 株式会社C&C
  • Facebook 宅配ピザ 10.4公式ページ 『いいね!』して、ぜひご参加ください!

本文ここまで

ページの先頭へ戻る